プロフィール

フォトアルバム

yan-ryo

まだ見習いの私ですが、頑張って、素晴らしい酔いどれ天使になりますので、ご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。 皆さんからの投稿もお待ちしていますね!投稿され方は、このyoshiura.j@do2.enjoy.ne.jpアドレスに、名前・題名・内容を送ってくださいね。

他のアカウント

暇つぶし

  • Img_0557
    枕木山の華蔵寺に行ってきました。 大きな石造の不動明王の迫力や空気と景色がとても綺麗で癒されました。
境港YANSHU
twitter

キングのつぶやき

スナック了

  • リアルタイムでお得な情報が満載ですよ

« 一期一会のお水達 | メイン | 名言&格言 »

2010年10月 6日 (水)

第3話

「スケールの小さいRYOMA伝」

・・・小さな怪獣の絶対的ヒーロー・・・

そんな彼は1995年(平成7年)8月8日に、その当時、財閥に成りかけていた一族の3代目として生まれた。

祖父が猪年、父親も猪年、そして彼も猪年生まれと、親子3代が同じ干支は縁起が良いと言われ、みんなに可愛がってもらった。

彼が生まれてきたとき、現在のYANSHUとスナック了の建物は建築中だった。そして生まれて2ヵ月後に建物の棟上で餅投げが盛大に行われる事になった。

近所の人達・関係者の人達が沢山集まりだし、RYOMAの祖父と父が屋根の天辺に上り一斉に餅を投げ始めようとした時、大工の棟梁が祖父に、「最初に投げる餅は演技担ぎですよ、お孫さんは縁起の良い子だから、親子三代屋根に上って餅を投げよう!!」といって急遽、生後2ヶ月の彼は屋根の上へ。泣くかと思いきやヒョウヒョウとした感じで頂上から餅を投げた。

そして餅投げのクライマックス!!!彼の祖父が大きな餅を投げる時が来た!祖父は、やはり、かわいい孫のRYOMAに大きな餅を取ってもらいたいらしく、餅を拾いに来た人達も何となくその感じを受け取っていた。全ての人が祖父とRYOMAに注目した。

その時、事件が起こった!!

・・・つづく

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/504735/25188781

第3話を参照しているブログ:

コメント

そんな小さなときからあのおちつきがぁ〜(゚Д゚(笑)なにがおきたんだ(つд`)sign02

すごいですねhappy01三代続いて亥年とはconfident
いったいどんな事件が起きたのかsmile次を楽しみにしときますhappy01paper

あの時のことはよく覚えとるわぁhappy02

コメントを投稿

アクセスランキング

にほんブログ村
Powered by Six Apart
Member since 09/2010